水道工事に使われているポリ管とは

水道 工事には、いろいろなものが使われていきますが、非常にメジャーなのがポリ管です。ポリエステルで作られている管であり、HIVP管とともに利用が進められている素材になってきます。どんなものを使っているのかを知ることによって、安全かどうかの判断にもつながっていくでしょう。

■加工も容易

一般的に使われているのは、ポリ管とHIVP管の2種類です。金属管に比べて、どちらも錆びることがありません。その代り、急激な温度変化には強くないのがデメリットです。凍結して割れてしまうというのも、この樹脂管の大きな問題になってくるため、破損したときには交換しなければいけません。ですが、この交換も素早くできるのが特徴となっています。加工が容易なのがHIVP管であり、修理費も抑えることができるところは、ユーザーに優しい水道管になってくれます。
現在の主流はポリ管のほうです。新築で水道を引くときにも利用されているのは、とにかく簡単に施工ができるところにあるでしょう。簡単に施工ができることは、なにも工事会社にメリットばかりが集中するわけではありません。施工する時間が短くなることで費用負担も減っていくからです。

■施工性の高さが最大の特徴

ポリ管が人気になっていった理由として、継ぎ手を使って接続することができる点です。接着剤を使ってつないでいくことができるだけではなく、専用の工具の必要性がありません。手ではめ込むことで、どんどんつないでいくことができる施工性の高さはかなり大きいでしょう。
当然工期は短くなっていきます。熱や振動にもある程度耐性を持っているだけではなく、化学物質に対しての耐性も持っているのですから、利用できる範囲が広かったといえるでしょう。紫外線劣化にだけは弱いため、ピンホールができてしまう可能性がありますが、取り外しが容易であり、すぐに交換できることも工事の負担軽減につながりました。

■まとめ
すでに鉄管などは使われなくなっています。給湯器に関しては、熱に強い銅管が使われますが、コストの問題もあるため、他の部分には使われることはありません。加工も容易なHIVP管と、施工性の高さが大きな特徴になっているポリ管には、それぞれメリットやデメリットがあります。特徴を理解して使うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ